初心者でも出来る!簡単・らくらく作曲講座

誰でも出来る作曲法を解説。楽しいクラシックの聴き方や、作曲家のウラ話も。

【初心者向け】ごちゃごちゃ言ってないでとりあえず作曲をしてみよう!ーコードって何?

f:id:kuerunrun:20160120171314j:plain

では実際に作曲をしてみましょう!これまでで①詩よりも曲を先に作る②メロディーよりもコードから作る この2点を学びました。では実際にコードはどのようにつくっていけばよいのでしょうか?

コードって何…?

コードが何か分からなければ意味無いですよね。

コードというのは曲の伴奏の流れみたいなものです。ギターでいうところのじゃら~んという音です。この曲の流れのことを「コード進行」と言ったりします。その並び方は適当ではなくて、ちゃんと意味があるんです。

でも一からコード進行を考えだすのはいきなり無理があるので、先人の知恵をパクリましょう。以下をご覧ください。

 

例1.C→G→Am→Em

例2.C→Am→F→G

例3.C→Am→Dm→G

例4.C→G→F→G

例5.C→Em7→F→G7

例6.C→Dm7→Em7→F

例7.C→F→C→G

例8.C→Em→Am→G

 

Cから始まるコード進行の幾つかです。それぞれを1小節づつ弾いてみてください。

(コードが分からない方はこちらを参照→ギターコード表 無料

どれでもいいですが、じゃあ今回は例1を使いましょうか。では例1のコードを弾きながら歌ってみてメロディーを口ずさんでみて下さい。

 どうですか?

そう、あなたは今、作曲をしたのです!

それがいいかどうかには関わらず、これが作曲の基本的な方法です。

 

だからコードって一体何なの?

それは「和音」のことです。ピアノでド・ミ・ソ、じゃーん!と弾いたことがありませんか?そのじゃーん!がコードです。

 

じゃあABC…っていうのはどういう意味なんでしょうか?

実はドレミファソラシドというのは「イタリア語」でして、アルファベットで表記するとABC…となるのです。対応させると…

ド=C

レ=D

ミ=E

ファ=F

ソ=G

ラ=A

シ=B

こうなります。なんでCから始まるのって?

こまけぇこたあいいんだよ

(※ラの音を440Hzに合わせるのでそこを基準にしているんだよ。オーケストラ何かでみんなが最初に音を合わせるのもラの音、ピアノの調律師が合わせるのもラの音だよ)

 

Cのコードというのは、ド・ミ・ソ で出来た和音のことを指します。

Dのコードはレ・ファ♯・ラ、Eはミ・ソ♯・シといった具合です。

なんで♯がついたりつかなかったりするのかって?

こまけぇこたあいいんだよ

 

mとか7って何なの?

さて、皆さんお手持ちのギターでAのコードをまず弾いてみてください。

それからAmを弾いてください。違いがわかりましたか?

Aは明るくて透き通った感じ、Amは暗い哀愁が漂う感じがしませんでしたか?

そう、mはマイナーと読みます。Amはエーマイナーですね。

Aは実は正式名称はエーメジャーです。明るい和音のことをメジャーと言います。

でもいちいち言うのがめんどくさいのでマイナーだけ名前がついてるんですね。

 

また指は一つだけ押す場所が変わりましたね。

Aのコードはラ・ド♯・ミ、Amのコードはラ・ド・ミです。

そう、半音違うだけで役割が全く異なるのです!

 

じゃあ今度はGとG7を弾き比べてください。どうですか?

G7はGと比べるとなんか不安定で落ち着きがない感じがしませんか?

じゃあ今度はG7→Cと弾いてみてください。

 

あれ?なぜだか胸の奥がすっきりするような感じがしませんか?

そう、7がつくコードは次につながる感じがする不安定な奴なんです!

 

まとめ

*コードとは和音のことである

*コードはアルファベットだけど、mがついたり7がついたりするだけで役割が変わるよ